So-net無料ブログ作成

ボリュームライセンスによるExcel 2019 単体のオフラインインストール [その他]

ボリュームライセンスでExcel 2019のみを購入し、オフラインでインストールしたときのメモ。
オンラインでのインストールを一番下に追記。
インストーラー用batファイルの作成を別記事に追加。

Office 2019からISOのダウンロードがなく、オンラインでインストールするのみになっています。

1.VLSCからExcel 2019のダウンロードでOffice 2019 Deployment ToolのEXEをダウンロードする。

2.ダウンロード後、EXEを実行して展開先に適当なフォルダ("D:\Excel2019")を指定する。
展開先のフォルダにはsetup.exeとサンプルのxmlがある。

3.展開先のフォルダに"configuration.xml"を作成する。
SourcePathはダウンロードしたファイルを保存するフォルダを指定
ファイルの内容は、Excel 2019 32ビット版の日本語です。
<Configuration>
  <Add SourcePath="D:\Excel2019\Download" OfficeClientEdition="32" Channel="PerpetualVL2019">
      <Product ID="Excel2019Volume">
         <Language ID="ja-jp" />
      </Product>
  </Add>
</Configuration>


4.コマンドプロンプトを管理者で実行し、setup.exe(展開先にある)のフォルダに移動して次のコマンドを実行する。
setup /download configuration.xml

ダウンロード中の進捗メータは表示されないので、コマンドが終わるまで待つ。

5.ダウンロードが終われば、"D:\Excel2019"のフォルダごと、USBメモリ等にコピーする。

6.インストールのためにSourcePathのフォルダを書き換える
<Configuration>
  <Add SourcePath="E:\Excel2019\Download" OfficeClientEdition="32" Channel="PerpetualVL2019">
      <Product ID="Excel2019Volume">
         <Language ID="ja-jp" />
      </Product>
  </Add>
</Configuration>


7.コマンドプロンプトを管理者で実行し、setup.exeのフォルダに移動して次のコマンドを実行する。
setup /configure configuration.xml


8.いつものExcelのインストールとあとは同じ。

参考URL:Excel2019の単体ダウンロードについて
参考URL:Excel展開ツールのConfiguration.xml編集について
参考URL:導入 Office 2019 (IT プロフェッショナル向け)
参考URL:Office 展開ツールのオプションの構成
参考URL:Office 展開ツールでサポートされる製品 ID

オンライン インストール

1.2.までは同じです。

3.展開先のフォルダに"configuration.xml"を作成する。
ファイルの内容は、Excel 2019 32ビット版の日本語です。
<Configuration>
  <Add OfficeClientEdition="32" Channel="PerpetualVL2019">
      <Product ID="Excel2019Volume">
         <Language ID="ja-jp" />
      </Product>
  </Add>
</Configuration>


4.コマンドプロンプトを管理者で実行し、setup.exeのフォルダに移動して次のコマンドを実行する。
setup /configure configuration.xml


5.いつものExcelのインストールとあとは同じ。
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。